読書メーターまとめ(2018年10月)

10月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1630
ナイス数:8

ヤバい経済学 [増補改訂版]ヤバい経済学 [増補改訂版]感想
データやインセンティブといった経済学で使用するツールや考え方が世の中を分析したり、自分たちの通念を覆す考えができることが分かり大変面白かった。それにしても訳文が山形浩生っぽい。
読了日:10月22日 著者:スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー
増補 にほんのうた (平凡社ライブラリー)増補 にほんのうた (平凡社ライブラリー)感想
2003年刊。終戦直後から90年代後半までのJポップを含めた日本の歌謡曲史を追った一冊。通して読むと日本の歌謡曲が海外の音楽に影響を受け吸収してきた事が分かります。
読了日:10月16日 著者:北中 正和
そしてみんな軽くなった―トム・ウルフの1970年代革命講座そしてみんな軽くなった―トム・ウルフの1970年代革命講座感想
原書は1980年刊行。1960年代、1970年代の風俗をやや皮肉気味にスケッチしているのですが、その年代のことが分からないので皮肉っぽいとは思うけど面白いかと言われると、みたいな感じになってしまうのが何とも。
読了日:10月13日 著者:トム・ウルフ
ラバーソウルの弾みかた  ビートルズと60年代文化のゆくえ (平凡社ライブラリー)ラバーソウルの弾みかた ビートルズと60年代文化のゆくえ (平凡社ライブラリー)感想
2004年刊(親本は1989年刊)。タイトルからカウンターカルチャーを肯定した本かと思っていたのだが、その終焉や資本主義へ変化していく様も書いてあって、けっこう距離を取っている印象を受けた。まぁ文化研究というのはそういう風にするものなのだろうけど。ただ文章や方法論は「何を言ってるんだ。意味わかってるのか。格好つけてるだけでは」と思ってしまうところもある。
読了日:10月10日 著者:佐藤 良明
経団連: 落日の財界総本山 (新潮新書)経団連: 落日の財界総本山 (新潮新書)感想
2014年刊。読んでいると自由経済を推進し官僚とやりあった第2代会長・石坂泰三や政治献金問題に取り組んだ第4代会長・土光敏夫みたいな気概を持った経営者、「財界人に何の権限があって総理に辞めろと言うのか」と言える政治家がいないことが今の日本の問題なんじゃないかと思えてきます。もっとも戦前・戦後すぐに活躍した政治家や財界人は修羅場をくぐってきた人だろうし、エリートコースに乗ってきた経営者や2世、3世議員にそれを期待するのがマチガイかもしれませんが。
読了日:10月04日 著者:安西 巧

読書メーター

読書メーターまとめ(2018年9月)

9月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:912
ナイス数:6

【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書)【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書)感想
2016年刊。初心者でも分かった気になれますが、自分で手を動かさないときちんと理解できないとも思えました。ただ最後の方は流し読みでしたので、必要になったら再読しようかと思います。
読了日:09月29日 著者:國貞克則
転職のまえに: ノンエリートのキャリアの活かし方 (ちくま新書)転職のまえに: ノンエリートのキャリアの活かし方 (ちくま新書)感想
2018年刊。世界でも長期雇用の方が多く、転職は個人的な動機が主であって「自分の所属している業界が衰退しているから、成長している業界に転職する」ことはほとんどないということ。つまるところ大事なのは自己投資や人間関係であること。マクロ的な視線の軽視がやや気になりますが(あと、昔の日本や東南アジアに比べると豊かであると言われても貧しいもんは貧しいんじゃと言いたくなる)、人工知能で職がなくなるとか老後の不安をいう本よりも地に足がついていると思えました。
読了日:09月20日 著者:中沢 孝夫
日本海軍に捧ぐ (PHP文庫)日本海軍に捧ぐ (PHP文庫)感想
2001年刊。著者の海軍に関する短篇や随筆をまとめたもの。個人的には広瀬武夫滝廉太郎を描いた「荒城の月」が印象深かったです。
読了日:09月06日 著者:阿川 弘之

読書メーター

読書メーターまとめ(2018年8月)

8月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1051
ナイス数:9

海軍こぼれ話 (光文社文庫)海軍こぼれ話 (光文社文庫)感想
1990年刊行(親本は1985年刊)。『山本五十六』、『軍艦長門の生涯』を著した著者の海軍よもやま話。海軍を持ち上げるでも卑下するのでもなく、褒めるところは褒め、ダメなところは批判するバランス感覚が良かったです。ただ一番面白いというか苦笑してしまったのは「補給がうまくいってない事を歌うと、なぜ日本人の士気は昂揚するのか」という外国人のツッコミだったり。
読了日:08月29日 著者:阿川 弘之
林芙美子随筆集 (岩波文庫)林芙美子随筆集 (岩波文庫)感想
面白かった。実際は違うのかもしれませんが、林芙美子という人は理念や思想よりも実際の生活が先に来る人だったのではないかと思えてきます。
読了日:08月24日 著者:林 芙美子
海軍随筆 (中公文庫)海軍随筆 (中公文庫)感想
著者の『海軍』を読んでいないので、この小説はこのような取材から生まれたのかというような感はないのですが、兵学校の描写を読んでいると、兵学校から今の学校への道はつながっているんじゃないかと思えてきました。「いわれたことを、必ずやるーこれは軍人にとって、非常に大切なことなんです」(P.26)なんて言葉は特にそう思わせるものがあります。こういう読みが良い読みなのかは分かりませんが。
読了日:08月21日 著者:獅子 文六
オフサイドはなぜ反則か (平凡社ライブラリー)オフサイドはなぜ反則か (平凡社ライブラリー)感想
2001年刊行(親本は1985年刊行)。点を取らないといけないフットボールでなぜオフサイドというルールが生まれたのかを、社会構造や社会構造、それに伴うフットボール自体の変化から描いていく。読んでいるとフットボールというのは文化であり、文化史というのは自分たちが自明と思っているものがいつからそうなったのかを明らかにすることで、物事を客観視させるものなのだと思わせてくれる。文章はやや読みづらく感じました。
読了日:08月06日 著者:中村 敏雄

読書メーター

読書メーターまとめ(2018年7月)

7月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:812
ナイス数:7

ダメな議論―論理思考で見抜く (ちくま新書)ダメな議論―論理思考で見抜く (ちくま新書)感想
2006年刊行。社会科学における「ダメな議論」を様々なチェックポイントを使って見抜く方法を書いている。個人的には「自然」とか「等身大」といったなんとなくプラスっぽい言葉に惹かれたり、定義付けがキチンとされているかを考えないところがあるので気を付けようと思った。しかしP.186、P.192の著者が書いたバブル批判、成長批判の言説は今でも人文系が好みそうな言説だなぁ、と苦笑してしましました。
読了日:07月25日 著者:飯田 泰之
アナーキズム―名著でたどる日本思想入門 (ちくま新書)アナーキズム―名著でたどる日本思想入門 (ちくま新書)感想
2004年刊。著者の『ナショナリズム』と同じく10のテキストから日本のアナーキズムの歴史を書いている。第3章、第4章を読んで内田樹とその周辺が言っている「小商い」とか「ローカリズム」って農本アナーキズムとほぼ同じじゃないかと思いました。で、それは「個人の抑圧」や「共同体主義」しかもたらさないだろうなという自分の考えも強くなりましたが(だって提唱してる人たちって小集団の親玉ですがな)。ただ終章を読むと、14年前だから仕方ないのかもしれないが、経済に対する認識が不勉強に過ぎる気もします。
読了日:07月11日 著者:浅羽 通明
ナショナリズム―名著でたどる日本思想入門 (ちくま新書)ナショナリズム―名著でたどる日本思想入門 (ちくま新書)感想
2004年刊。ナショナリズムを称賛するでも批判するでもなく、それが日本でどのように生まれ展開したかを10のテキストを通して辿っていく。個人的にはナショナリズムが発生した明治期のテキスト(『日本風景論』、三宅雪嶺芳賀矢一『日本人論』)を解説した第4章、第5章が面白かった。
読了日:07月07日 著者:浅羽 通明

読書メーター

読書メーターまとめ(2018年6月)

6月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:813
ナイス数:10

バンドやめようぜ! ──あるイギリス人のディープな現代日本ポップ・ロック界探検記 (ele-king books)バンドやめようぜ! ──あるイギリス人のディープな現代日本ポップ・ロック界探検記 (ele-king books)感想
2017年刊行。帯に「日本では否定的なレビューがタブーとなっているのはなぜか」とあるが、内容は日本の音楽を巡る環境が中心でタブーに切り込むという感じではありませんでした。様々なインディ、オルタナバンドの名前が挙がりますが、ほとんど分からない上に興味も湧かないというありさまで、内容云々というより、著者が好意的に扱っているバンドやシーンに対する関心がないことを実感させられた。
読了日:06月22日 著者:イアン・F・マーティン
アベノミクスが変えた日本経済 (ちくま新書)アベノミクスが変えた日本経済 (ちくま新書)感想
2018年刊行。正直なところ経済学の知識がある程度ないとサッパリ分からないところがあった。分かったのは「インフレ目標を達成することで、雇用状況が改善されているかをみるのが大事」ということと「経済が完全に成長軌道に乗るまでは消費増税のような緊縮策は取るべきではない」ということくらい。あとマクロ経済は国民生活に影響を及ぼすということも改めて感じた。
読了日:06月18日 著者:野口 旭
ソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へ感想
2013年刊行。5年前の本なので今取り上げるとしたらiTunesStoreじゃなくてSpotifyだよなぁ、と思ったりもしますが、書かれている状況は古びていないように思えました。作品を鑑賞したり作品を通して作者の思想を理解することよりも、作品を通じてつながったり作品で遊んだりという事の方が優位に立っているという状況。ただ今の状況は急に出てきたのではなく、昔からそういうことは起きていたというのも興味深かった。あと個人的にはアイドルやアニソンにも触れているのがよかった。
読了日:06月10日 著者:円堂都司昭

読書メーター

6/17みちくさ市出店報告

6/17のみちくさ市に出店しました。わめぞの皆様、大家さん、来てくださったお客様、ありがとうございました。

天気が心配でしたが何とかなりました。

今回お買い上げいただいた本は以下の通りです。

  1. ニッポン異国紀行
  2. 文芸別冊 岡崎京子
  3. 暗殺者教団
  4. そろそろ左派は<経済>を語ろう
  5. 女子の古本屋
  6. アニメ! リアルvsドリーム
  7. 演劇入門(岩波新書)
  8. 不況は人災です!!

計8冊、2000円の売上でした。たぶん今までで一番よくなかったです。この前の川口ブックマーケットは良かったので、客層の問題なのかなぁと思う次第。小説や生活の本、絵本といった書籍は自分が読んでないもしくは買ってないから扱ってないため、いきおい人文書や社会科学系の本がメインになってしまうのですが、それがみちくさ市に来て下さるお客さんと合っていないのかしらん。

まぁ出し続けることでひょっこりと売れることもありますから、粘り強くやっていくしかないんだろうなぁと思います。こんな悠長なことが言えるのも片手間の古本屋だからで、専業の人はそうも言ってられないのでしょうけど。

そういえば前回の川口に出た時はドジブックスさん主催の「ひとつき十冊」のネームプレートに反応してくださる店主の方が2~3名いらっしゃったのですが、みちくさ市ではドーナッツブックスさん以外反応してくれませんでした。

今年の夏か秋に引っ越しをする予定なので、次回の出店は未定です。

 

6/17みちくさ市に出店します

6/17のみちくさ市に「書肆ヘルニア」の屋号で出店します。場所は「池田ビル前広場前」です。

kmstreet.exblog.jp

先月の川口ブックマーケットで思っていた以上にお買い上げいただいたので、いろいろと本を追加しました。あと夏か秋ごろに引っ越しをする予定なので、現在積読中でこれから読む可能性が低い本もお出しします。

梅雨入りしているので雨の可能性がありますが、雨天の時は中止となります。雨が降らないことを祈っていただけると幸いです。宜しくお願いします。