読書メーターまとめ(2017年11月)

11月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1805
ナイス数:13

味を追う旅 (河出文庫)味を追う旅 (河出文庫)感想
2013年刊行(親本は2010年刊行)。「食物の随筆は、そんなにうまいものがあるなら、食べてみよう、と思うところに面白みがある」(P.154)という著者の言葉に従えば、これはとても面白みのある食物の随筆でした。宇和島のうどん屋とか行ってみたくなります(まだあるかはともかく)。あとホテルの朝食バイキングが好きでない理由や「食べる?」という文章には戦後を生き抜いた人の食に対する考えが見えて興味深かったです。
読了日:11月30日 著者:吉村 昭
アナキズム・イン・ザ・UK――壊れた英国とパンク保育士奮闘記 (ele-king books)アナキズム・イン・ザ・UK――壊れた英国とパンク保育士奮闘記 (ele-king books)感想
2013年刊行。「ポリティクスは、立ち位置ではない。志向する方向性なのだ」(P.77)という言葉が象徴するように、イデオロギーではなく生活者から見たイギリスの姿であり、保守党批判の本でもあります。個人的にはside-Aよりも底辺託児所のエピソードを書いたside-Bの方が面白く感じました。
読了日:11月26日 著者:ブレイディみかこ
回想の文学座 (中公新書)回想の文学座 (中公新書)感想
1987年刊行。終戦後に文学座に入座し、「喜びの琴」事件で退座した著者の文学座回想録。役者よりも『どん底』演出中に亡くなった岸田國士文学座を創設した岩田豊雄の印象が残る。それと同時に理想や理念で人が動く時代というのは新劇の青春時代ではなかったのかしらんと思う。
読了日:11月19日 著者:北見 治一
デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)感想
2010年刊行。民主党政権時代の本なので、内容的には若干古いが、コアCPIよりもコアコアCPIの方が大切だったり、産業政策は無駄であるという主張は面白かった。後者はホンダの四輪進出の経緯を読んでいるので納得できました。あと実感と理論は食い違うことがあり、実感だけで何かを語るのは危険だなぁと。
読了日:11月16日 著者:上念 司
つながる図書館: コミュニティの核をめざす試み (ちくま新書)つながる図書館: コミュニティの核をめざす試み (ちくま新書)感想
2014年刊行。無料貸本屋ではなく課題解決型の施設となったり、本によってコミュニティの核となる図書館など様々な事例が紹介されている。後者は一箱古本市とも関係することかなぁ、と思ったり。とはいえ、貴重な書籍を収集したり地域の資料のアーカイブを作ることも図書館の役割と思えるのだが、そういうところへの視点が若干薄い気がしないでもなかったです。あと刊行後に発覚したことだから書いても仕方ないが、ツタヤ図書館の選書問題については全く触れられていないので、今では武雄市図書館の評価も違うかも。
読了日:11月13日 著者:猪谷 千香
駅伝マン──日本を走ったイギリス人駅伝マン──日本を走ったイギリス人感想
箱根駅伝がピークになってしまう、科学的なトレーニングがなかなか浸透しないといった問題点は、出版当時はともかく今ではいろいろなところで言われていると思うので、そこの指摘に新鮮味は感じられませんでした。むしろ長距離陸上界にケニアエチオピア、日本くらいしかトップクラスの選手がいないという事実に驚かされました。
読了日:11月10日 著者:アダーナン・フィン
日本を滅ぼす消費税増税 (講談社現代新書)日本を滅ぼす消費税増税 (講談社現代新書)感想
デフレ下での消費税増税は最悪であり、デフレ脱却と積極財政による成長路線に舵を切るべきだという主張。名目GDPの方が実質GDPより大事であり、GDP関連のニュースを見る時はそこを気を付けないと思いました。それにしても増税を「座して死を待つ敗北思想から出た敗北政策」と書いているが、増税云々かかわらず右も左もこの考えが染みついているような気がする。平田オリザの「下り坂」というのもこれだよなぁ。
読了日:11月03日 著者:菊池 英博

読書メーター

11/24 the pillows『RETURN TO THE THIRD MOVEMENT! Vol.1』@仙台Rensaを観に行って思ったこと

11/24にthe pillowsのツアー『RETURN TO THE THIRD MOVEMENT! Vol.1』を観に仙台まで行きました。なんで埼玉在住の私が仙台まで行ったかというと、単に東京のチケットが取れなかったからだけです。

f:id:unterwelt:20171124143134j:plain

f:id:unterwelt:20171124182940j:plain

私自身は大学まではピロウズを聞いていたのですが、社会人になってからはあまり聞かなくなり、今は全く聞いてないので観に行くか迷いました。ただ今回のツアーは私がピロウズを聞き始めた1997年発売の『Please Mr.Lostman』、1998年発売の『LITTLE BUSTERS』の全曲再現するというので参加しました。

ライブは曲順こそ違いますが『Please Mr.Lostman』の曲をやってから『LITTLE BUSTERS』の曲をやるという流れで、どこか同窓会的な緩い雰囲気もありました。

ただライブを観て痛感したのは、私は現在進行形で自分が嵌まっているもの以外のことには夢中になれないんだなぁということでした。

もちろん思い入れはあるのですが、聴いていて当時(というのは高校時代だ)の思い出とか感情とかちっとも思い出せなくて、どうも私は自分が思っている以上にドライな人間のようです。 

そもそも聴いている音楽が当時とは違うわけです。音楽遍歴は以前書いたことがありますので、そちらを参照していただければ。

unterwelt.hatenablog.com

聴く音楽が変われば音楽の聴き方も変わってくる。高校時代は切実な問題を書いていた歌詞が、20年経てばどうでもいい事を歌っている歌詞になる。思い入れがあることと昔熱心に聴いた曲を今聴いても良い曲なのかは別問題で、それをごっちゃにしているのは懐古趣味でしかないんじゃないかなぁ、と。

要は音楽は変わらないけど、聴いている私は変わったというだけなんだと思います。

というわけで、思い入れなんてものは押し入れにしまって放置するのが正解だなぁと思いましたので、これからは思い入れがあろうと現在進行形で好きでないものを追いかけるのは止めようという感じ。そっちの方が楽しいですよ、人生短いんだし。

 

上記の考えを持っているからなのか、このまとめに全く納得できなかったんだろうなぁ。そもそも「流し聴きでも偶然耳にしても、向こうから心を鷲掴みにしてくるのがいい曲だろ。」なんて書く時点で、好みの幅が狭いうえに勉強しようとも思っていないけど自分は音楽が分かっていると思い込んでる馬鹿なんだろうけど。

togetter.com

 

11/19みちくさ市出店報告

11/19のみちくさ市に出店しました。わめぞの皆様、大家さん、来てくださったお客様、ありがとうございました。

 川口ブックマーケットに出店した時に箱に入れて背表紙を見せるのではなく、シートの上に表紙を見せて陳列した方が見栄えがいいと思って今回もやろうとしたのですが、肝心のシートを家に忘れるというミスをやらかしたので、箱の中で本を立たせて表紙を苦し紛れに見せてます。

そういうこともあった上に、今回は客足も鈍くて売り上げが良くないと言ってましたが、帰宅してスリップを調べたら15冊売れてました。売上金額は3200円でした。売上金額はこの前の川口ブックストリートを下回りましたが、冊数は今回の方が上でした。売上リストは下記の通りです。

  1. 酔人・田辺茂一
  2. ユリイカ2005年8月臨時増刊号
  3. オペラの終焉
  4. アーサー王伝説
  5. ためらいの倫理学
  6. こわれがめ
  7. オイディプスの謎
  8. 寝ながら学べる構造主義
  9. 瞳子
  10. ゲバルト時代
  11. 戦前の生活
  12. 千のナイフ、千の目
  13. 植草甚一ジャズ・エッセイ1
  14. 下流志向
  15. フォーカスな人たち

出店者の方から「こんなに安くていいんですか」と言われましたが、値段付けは適当なうえにあまり利益を求めようとしてないので、安くなってしまうのです。それに古本で買ったのならともかく、新刊で買った本で利益を上げようとするのは無茶というかなんというか。その結果がちくま学芸文庫で400円なんですが、私がサッパリ理解できない『ばらの騎士』の本だからこの値段になってしまった感はあります。

さて今回のみちくさ市で驚かされたのは同じ場所で出店されていた「ココノデラオンド」さんでした。まずは箱をご覧ください。

 箱じゃない。斬新! 組み立て始めた時に「幟でも出すのかしらん」と思ったら全然違いました。腰をかがめずに本を見られるようにしたとか。さらに時間が経つと本が安くなるのではなく、時間が経つにつれて本の値段が上がるという仕組みになっておりました。で、読もうかどうか迷っていた本があったのですが、時間が経ったら値段が上がってしまうので、上がる前に購入しました。これがインフレ期待……なのかしらん。

ここ最近は購入は控えていたのですが、今回は以下の5点6冊を購入。

  1. 僕たちのインターネット史
  2. 笑学百科
  3. 高橋是清自伝(上)(下)
  4. 同時代も歴史である 一九七九年問題
  5. 味を追う旅

そして積読が増えていくのです。

 

今年の一箱古本市の出店はこれで終わりです。来てくださった皆様、どうもありがとうございました。来年の出店については考え中です。まぁ来年のことは来年の自分が考えるでしょう。

11/19みちくさ市に出店します

11/19に開催されるみちくさ市に出店します。屋号は「書肆ヘルニア」、場所は池田ビル前広場でございます。

kmstreet.exblog.jp

店主紹介では「闇鍋的というより光鍋的な箱にしたいですが」と書きましたが、これは10月に行われた『THE IDOLM@STER HOTCHPOTCH FESTIV@L!!』のMCからいただいたものです。なおアイドルマスター関係の本はない模様。人文系や芸術関係の本が多いような気もしますが、いつものごとく雑多な品揃えです。

当日はよろしくお願いします。

読書メーターまとめ(2017年10月)

10月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:743
ナイス数:3

ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネームザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム感想
2115年の人間がクソゲー扱いされているレトロゲーム(といっても2115年から見たレトロゲームなので、今の私たちからは未来のゲームなのだが)をレビューするという体の小説、なのか。「脳停止」や「ナノマシンを使って感情をコントロールするテキストADV」といったギミックが面白かった。ただウェブで読むことを前提とした文章だからか、参天リーダーの多用など若干読みづらくはありました。
読了日:10月20日 著者:赤野 工作
紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)感想
SFというよりもアメリカに住む中国人のアイデンティティや歴史感覚をSF的なガジェットで語った短編集という感がしました。確かに読みやすいけど、絶賛するようなものなのかと言われると首を傾げてしまいます。
読了日:10月05日 著者:ケン リュウ

読書メーター

THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!! ライブビューイング感想

10/7、8に開催された『THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!!』のライブビューイングに参加したのでその感想。

 

LV会場のこと

 両日ともMOVIXさいたまでした。2つのスクリーンを使っていたのですが、初日は両方とも空席ありだったのに、2日目は1つは完売、もう1つも残りわずかという状態でした。これは最初から2日目狙いの人が多かったのか、それとも初日のセトリを知った方たちが慌てて席を取ったのか、どっちなんでしょうか。人数の違いもあるとはいえ、初日では若干静かだった765曲でも2日目はコールがジャンジャン入っていたので後者の可能性が高いような気もしますが。

席については初日は会場前方の真ん中あたりで見やすかったのですが、2日目は最前列で見たので次の日は首が痛かったです。

セトリとかパフォーマンスとか

私のアイマス歴は2007年のXBOX版から始まって1年くらいで追いかけなくなって、昨年のミリオン曲紹介MADで復帰するという、ものすごくちぐはぐな物です。簡単に言うと「『スタ→トスタ→』は分かるが『神SUMMER!!』は分からない、『READY!!』はさすがに聞いたことがある。ミリオン曲はだいたい分かる」という感じ。

そういう私でも楽しかったです。でももっと予習していれば楽しめたのでは、という後悔もあります。

初日だと『キラメキラリ』からの流れがすごかったです。というか、やよいと育だから少し前にイベントをやっていた『Good sleep,Baby』をやるのかと思っていたのですが、全然違いました。あと「ギターソロかも~ん」でジュリア登場は反則過ぎる。あと『Beat the World!!』の平田さんを見て「めちゃくちゃ跳ねてる…」と衝撃を受けたのでした。平田さん、トークコーナーのMCもすごかったですね。なんだ、あの歌って踊ってしゃべれる人たち、765ASすごい。

2日目は今井さんと若林さんが凄かったです。『アライブファクター』すごかった、とか劇団ウンババすごかったとか凄いとしか言いようがないんですけど仕方がない。というか、2日目についてはいちいち語りたくない。

ところで私が初めてミリシタで親愛度1000を達成したのは(自分でも予想外なことに)木下ひなたなのです。

だからひなた役の田村奈央さんを見るようにしていましたが、普段ラジオとか聞かないし、アイマスのライブ自体初めてだったのでどのような人か分からなかったのですが、「エモいって何?」「要約すると、楽しかったです」となかなか面白い方でした。

まとめ(まとめてない)

LVから1週間経ってから書いてるのですが、文章にしても伝わらないよなぁという感じがします。次は現地で観たいなぁと思いますし、そうすればまた別の景色が見えるかもしれません。

そういえば『アイドルマスター』って2005年稼働だから、もう12年経っているんですね。12年経っても現役感が出ているのは、本当にすさまじいことだと思うのですが、過去を知り現在に追いつこうとするの、なんか沼に片足突っ込んでいる気がしてなりません。

とりあえず『カーテンコール』が名曲すぎる。

以上。

news.mynavi.jp

news.mynavi.jp

 

 

読書メーターまとめ(2017年9月)

9月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1492
ナイス数:13

地獄の映画館 (集英社文庫)地獄の映画館 (集英社文庫)感想
1960年代初頭に書かれた映画コラム。税関による事前検閲や事務所の意向を裏切ったスターを干す干さないとか、今でも通じる問題があるのに驚かされる。だからなのか、今まで問題があっても根本的に解決されないままずるずると来てしまって、今そのツケを払わされているのではないかという気持ちにもなってくる。
読了日:09月20日 著者:小林 信彦
地獄の観光船―コラム101 (集英社文庫)地獄の観光船―コラム101 (集英社文庫)感想
ちくま文庫から『コラムは踊る』と改題していて、そちらは読んでいるから実際には再読なのですが、2011年に読んだ本の内容なんて覚えてないので、初読時と同じように面白く読めました。もっともちくま文庫版は和田誠とのヒッチコックをめぐる対談や小野二郎との対談が無くなっているので、こちらの方が個人的にはオススメ。オール阪神・巨人島田紳助の若かりし頃の写真も載ってるし。
読了日:09月15日 著者:小林 信彦
石橋湛山―リベラリストの真髄 (中公新書)石橋湛山―リベラリストの真髄 (中公新書)感想
戦時中に戦争批判をした人というイメージから反権力の人という印象だったのだが、読後は自由主義者であり理想主義者であり、現実主義者であるという印象を持ちました。「思想は常に修正すべきもの、修正されていかなければならぬものだ。修正主義が思想の正しい筋道である」という晩年の言葉は、少しでも意見を修正すると批判される今こそ大事なのではないかと思いました。
読了日:09月12日 著者:増田 弘
映画を夢みて (ちくま文庫)映画を夢みて (ちくま文庫)感想
どの映画も実は観た事がないのだが、どれも面白く読むことができた。マルクス兄弟ビリー・ワイルダー、MGMミュージカルを観たくなります。若い時の花田清輝寺山修司批判は今の著者からは考えられない喧嘩腰の文章で驚く。
読了日:09月07日 著者:小林 信彦

読書メーター